施工事例

宇都宮市 T様邸 ALC外壁補修塗装

今回工事させていただいた宇都宮市の住宅。
外壁はALCなのですがなんと、ALCの縦目地がフラットになってます。

 

ALC目地を埋めるとどうなるか?

 

ALC板は軽石のような物です。
伸縮性がありません。

無理に引っ張ったり押し付けたりすると割れます。

建物が絶対動かないのであれば、隙間なくピタッと貼ってもいいのかもしれません。

ところが建物は地震等で動くものです。

じゃあどうすればいいのかというと、動いてもいいように板間に目地(隙間)を作ります。
しかしそのままだと防水性がありません。
なので伸縮性の高い材料(ウレタン等)で目地を埋める工事(シーリング)をします。

普通はそうなのですが、この建物は違いました。

 

縦目地がALCモルタルでフラットにされています。

縦目地の伸縮性を無くしてしまったらどうなるのでしょうか?

 

 

こうなります。

当然割れますよね。

 

この部分はまだいいほうで。ひどい所になるとこうです。

大きめの地震でもうひと揺れすると落ちますね。

それでなくても雨水が浸水し放題です。

 

耐え兼ねたのか、お客様が自分で補修した部分がありました。

 

ALC壁 クラック補修

 

私が提案した正しいと思う補修方法はこうです。

  • 本来の目地部分に充填されているモルタルを除去
  • シーリング
  • 塗装

ところがこの工法は予算の都合で却下、モルタル除去をしないでシーリング・塗装となりました。

 

まず縦目地のクラック部分にプライマーを塗ります。

せめてVカットぐらいしたいのですが、しょうがない・・。

 

クラックの上にノンブリード変性シリコンを充填してならします。

これで下地調整は終わりです。

下地補修、予算は2人分の手間賃のみです。

 

ALC壁塗装

 

まずシーラー塗装です。

使用材料はニッペ水性カチオンシーラー

シーラー塗装後、上塗りを2回塗って完了です。

 

上塗1回目。

使用材料ニッペパーフェクトトップ
今回は仕上がりの色と似たような色があったので、1回目にそれを塗りました。

 

上塗2回目。
微妙に色がちがうので塗ってるのが良く分かります。

 

仕上がりです。

パッと見た感じでは、横目地だけ見えるのでなんかお洒落に見えますよね?

見た目を重視して性能を犠牲にしてる見本のような外壁です。

残念ですがきっとまた割れてしまうでしょう。
力になれず、申し訳ない。

 

アルミ笠木 白く変色した時の対処方法

 

この現場のベランダ笠木、長くビニール養生していたので水が回り白く変色してしまいました。

これはコロナ処理されたビニールで養生するとなりやすい現象です。

でも今回、コロナ処理されたビニールは使っていません。
私はいつも変色するのが嫌なので、普通のビニールを使うので。

なぜ白くなってしまったのでしょうか?

よく見ると白くなってる部分が全面ではなく限定的で、壁際から1100㎜ぐらいまでです。

推測すると、前回リフォームした業者がこの部分だけにマスカーと呼ばれるコロナ処理されたビニールを使用したのではないでしょうか?

1100㎜幅のビニールはよく使いますから。

恐ろしいですね、10年以上前の仕事が影響してしまうなんて考えてもみませんでした。

 

あわてないでいつもと同じ対処をしてみましょう。

これを使います。

いつも持ち歩いているメタノール

こいつをウエスにつけてこすってみます。

 

落ちなかったらどうしよう・・。

なんか白い部分が元に戻っていきます。

 

おし、なんか大丈夫そうです!

おお、復活しました。

 

最後に

 

今回、外壁の色を決める際お施主様に2パターンのシュミレーションを提出しました。

どうやらお施主様、上のパターンが気に入ったようです。

 

実際の仕上がりはこうなりました。

うーん、やっぱりシュミレーションの色はピッタリになりませんね。
でも、大体イメージどおりなのではないでしょうか。

色決めに悩んだ時はお申し付けください。
参考にはなると思います。

-施工事例

© 2020 ヌマノ塗装