近年、塗装屋の使う材料はシリコン樹脂塗料が主流です。

ところが2012年ごろから「ラジカル制御型塗料」というものが出てきました。

「ラジカル制御型塗料」では長いので「ラジカル塗料」と表記します。

今まで塗料のグレードは主成分である樹脂が一つの目安で、樹脂の種類で性能のランキングが決まっていました。

耐候性の高い順に記号で表すと
フッ素 > シリコン > ウレタン > アクリル
です。

値段もこの順ですが、フッ素とシリコンの値段の差は3倍以上も違う!
シリコン1缶15000円だけどフッ素は50000円以上!

強いて値段の違いを記号で表すと
フッ素 >>> シリコン > ウレタン > アクリル
になります。

塗料メーカーのカタログを見ると、この通りのことが表示されています。

で、新商品のラジカル塗料のポジションはどこかというと

フッ素 > ラジカル > シリコン > ウレタン > アクリル

です。

シリコンより耐候性はいいけどフッ素にはかなわない、という位置付けです。

ところが値段はシリコンと同程度か少し高いぐらい。

無理やり記号にしてみましょう。

フッ素 >>> ラジカル ≒ シリコン > ウレタン > アクリル

です。

これはもうラジカル使うしかないですね!

ラジカル塗料の紹介

日本ペイント パーフェクトトップ

この材料が発売された時
「ラジカルってなんだべ?」
となんだかわからなかったのですが、これからラジカルを使いだしました。

それから数年経ちますが、特に問題はありません。

艶消しにも対応してます。
艶消し黒を塗装した時、タッチアップしても目立たないぐらい品質が安定してました。

タッチアップとは塗装終了後に補修などで一部分だけ色を付ける事なのですが、
某メーカーの水性シリコンはそれをやると目立ってしまいました。

ニオイはシリコンと違った独特のニオイがします。
それが嫌だったのでバラの香りがする「パーフェクトトップ ローズ」を使ってみたところ、ほんのりしたバラの香りが数週間続くのでお施主様は喜んでらっしゃいました。

施工してる人はニオイでまいっちゃうんですけどね(笑)。

エスケー化研 エスケープレミアムシリコン

塗料業界売上3位、エスケー化研のラジカル塗料。

エスケー化研は大手ハウスメーカーと提携して塗料の販売だけではなく施工まで請け負ってます。なので総売上で3位!
大手ハウスメーカーの仕事で使うラジカル塗料はこれです。

個人で請け負った時はちょっと割高になるのでつかえません。

私の付き合いのある問屋さんはエスケー化研はあまり安くならなくて・・。

キクスイ ロイヤルシリコン

ちょっとマイナー感のあるメーカーのあるキクスイ。
意外といい材料を出してます。

上記2製品と比べると知名度が低いですが、間違いなくいい材料です。

4年ぐらい前に前施工したお宅を伺ったところ、工事終了時からなんら変わってませんとの事です。

濃い色(濃彩色)が意外と安かったので使いました。

関西ペイント アレスダイナミックトップ

大手の関ペが満を持して発売したラジカル塗料。

他のメーカーの欠点なんかも研究改良して発売しているはず?

メーカーの中の人がいうには、この材料(このシリーズ)は「少しぐらい雨で濡れていても施工できる」といってました。
さすがに大雨の時は無理だともいってましたが。

材料の展示会の時、関ペのブースの人に聞いたので間違いないです。

最後に

以上、私が実際に使った事のあるやつを紹介しました。

いろんなメーカーからラジカル塗料が発売されています。

まだ発売されてから5~6年ぐらいしか経っていないので耐候性についてはよくわかりませんが、各商品の性能は大差ないと思います。

今まで主流の水性シリコンと比べ、作業性や使用感もあまり違いが無いありません。

あとは値段の違いです。
私は特に指定が無ければ、その時のタイミングでこのなかで一番安い材料を使おうと思っています。

今月だけおまけつきとか、そういう事やってくれるとうれしいですね。
メーカーさん!

 

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう