【多彩模様】ニッペ クリスタルアート UV

 

ペンキで壁を塗ると、塗った色で壁が仕上がります。
当たり前ですが単一色です。

きっと、そんな仕上がりじゃつまらねえ、と思った人がいたのでしょうね。
多彩模様塗料という、複数の色が不規則に散らばる天然石のように仕上がる材料があります。

 

代表的な多彩模様塗料

日本ペイント 水性ペリアートUV
関西ペイント 水性ゾラコートEX
エスケー化研 プレミアムマルチカラー

 

今回、日本ペイントの新製品【クリスタルアート UV】を施工する機会がありました。

きっと参考になると思いますのでご覧ください。

 

実例

 

今回施工するお宅です。
外壁は元々全面が意匠性塗材(ジョリパット)で施工されていたようで、1階部分だけレンガ調のサイディングを貼ったようです。

 

ちょっと特殊なサイディング?です。
おそらく内装用ではないでしょうか。チョーキングがすごい!

 

まずは水洗い。

表面の劣化した塗膜が洗い流されて元の色がわかります。

 

2階部分です。
細かいクラックを水性ノンブリードウレタンシール「外壁専科」で埋めました。

施工要領書によるとクリスタルアート、吹付の場合は2工程で仕上がってしまうそうです。
マジか!

施工要領書を信じて、下塗りを無希釈でハケとローラーで塗ります。

すごくカブりがいいです。

 

下塗りが乾燥したら上塗りを吹き付けるのですが、これで仕上がりだそうです。

塗料、というよりもチップの入ったクリアーですね。

白っぽいベースの上に白っぽい骨材の仕上げは全然目立ちません。
普通の塗料で塗りつぶしの方がよかったのではないでしょうか?

 

1階タイル部分、思ったより目地が深くてハケだと時間がかかりそうです。
施工要領書に「下塗りはハケ・ローラーで施工」と書いてありますが、なんとかしたい。

そこで・・。

下塗りも吹き付けてしまうことに。

おお、早い早い(笑)。
念のため2回吹き付けました。多分大丈夫でしょう。

 

そして上塗りです。
ものすごく高価な材料、少しも無駄にできません。

ザっと左半分を吹き付けたところです。

 

よくわからないので拡大。

 

養生ビニールをはがして完成です。

うん、高級感あふれる仕上がりですね。美しいと思います。

 

補修

 

養生をはがしたら1階と2階の見切りが通ってませんでした(泣)。

どー直せばいいのだろう。ハケで直せるのでしょうか?

 

とりあえずマスキングテープを貼ります。

テープを貼りました。にじまないようにしっかり押さえつけて。

 

次に下塗りをハケで塗ります。

下塗りはハケで施工してもOKなので問題ないはずです。

 

問題は上塗りです。こんなちょこっと吹き付けてられません。
養生したりコンプレッサー用意したり、あーめんどくせええ!

 

ハケでやることにしました(笑)。

さあ、テープをはがしてみると・・。

 

うん、まあこんなんでしょう。

許してください m(_ _)m 。

 

実行価格

 

さて、気になる料金です。

 

材料費

クリスタルアートUV

下塗り¥14,000×3缶
上塗り¥42,000×3缶

材料合計¥168,000

なんと材料一式¥170,000 端数切上

とても高価です。あとちょっと出せば私は一か月くらせます。

 

工賃

2人でおおむね5日、10人工。1人¥20,000
高圧洗浄→養生→下塗り→上塗り→清掃

工賃合計¥200,000

 

実行金額

材料工賃合計 ¥370,000

外壁の㎡数が120㎡ぐらいなので、㎡単価にすると約3,000円/㎡です。

 

この金額は外壁だけです。
この他、足場レンタルや天井・破風板・雨樋塗装などいろいろ合わせると7~80万かかるでしょう。

 

親方
うーん高いなあ

 

でも仕上がりはきれいで、他ではあまり見ません。

ある程度予算がある人にはお勧めの材料です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

© 2021 ヌマノ塗装