金属系サイディングの表面は金属で材質はトタン・アルミ・ガルバリウム鋼板などです。
金属っていうんですからそうですよね(笑)。

その上に塗装が施されているのですが、長い年月で表面の塗装が劣化すると下地の金属が表れ錆などで腐食していき、みすぼらしい外観になっていきます。

そうなる前にメンテナンスしたいところですね。

よく訪問販売リフォーム業者がメンテナンスフリーといって営業してますが、嘘です。

メンテナンスが全くいらない材料はこの世に存在しません。

塗装実例

塗装工程は下地処理→下塗り→上塗りで、他の外壁の工程と大差ありませんが、金属なので溶剤系の材料がいいのではないでしょうか。

モルタル壁と違い錆を防ぐため下塗りには錆止め効果のあるプライマーを使います。

私はアルミでもガルバでも大抵の金属はOKなニッペのパーフェクトプライマーを使う事が多いです。

パーフェクトプライマー、金属系サイディング専用の下塗りというポジションらしく、常備色は赤錆色ではなく白とグレーです。

下塗り後はこんな感じになります。

上塗りにはニッペ推奨のファインパーフェクトトップを塗装しました。

メーカーが推奨する工法なので安心です。

通常はこの工法でいいのですが、こんなやりやすい現場ばかりじゃないんです。

困難な例

「うわっなんだよこれ・・・。」
現場に来て絶句しました。

上塗りがベリベリはがれています。

写真では分かりづらいですが表面にローラーの目がついてるので上塗りに水性塗料を使っているようです。
しかも密着しているところとしていないところの差がハッキリわかるので、下塗りも塗ったり塗らなかったりでしょう。

さらに、サッシの見切りにシリコンを使っているのでそこも剥離してます。

取りあえず高圧洗浄ではがせるだけはがします。

 

下塗りは上記のパーフェクトプライマーを使いたいところですが、既存の上塗り塗膜が脆弱な為、ニッペの水性カチオンシーラーを使います。

パーフェクトプライマー、弱溶剤塗料なのですが意外と強力で下地を侵すことがあります。

ビビりな私は安全に水性シーラーを使う事にしました。

下塗りが終わったら上塗りを2回やって仕上がりです。

上塗りは下塗りと同じ水性の、ニッペパーフェクトトップを使いました。

思う事

前回工事をした業者はどんな業者なのだろうと考えました。
今回のケースは素人よりひどい工事でした

反対に惚れ惚れするような工事をしたであろう業者の仕事を見る時もあります。
きっと予算の都合もあるのでしょう。

私は後者でありたいです。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう